いつもと違う刺激を求めて青姦セックス

ドキドキ感がたまらない

パートナーとのセックスは気持ち良いけどもっと刺激が欲しい…
そんな悩みを持っている方はいませんか?
もし刺激が無いままパートナーとのセックスを繰り返しても
マンネリは避ける事ができずセックスレスになってしまう恐れがあります。
そこで簡単に刺激を得られる青姦セックスについてご紹介します。
青姦というのはその名前の通り青空の下で性行為を行うことです。
要するに野外でセックスする事ですね。
よくアダルトビデオでも公園や森の中でセックスするシーンがありますが
実際に刺激を求めて野外でセックスをするカップルもいるようです。
またよくありがちなパターンが、お金がない学生カップルが
ホテルに行けないので公園で隠れてエッチな事をするという
パターンがあります。他には車の中でセックスしたり、
トイレでセックスしていつもとは違うドキドキ感を楽しんでいます。
ちなみに青姦する事によって得られる興奮は二種類に分ける事ができます。
一つは野外でセックスする姿を周囲の人間に見られるかもしれないという
スリル的な興奮。青姦している姿を通報されたら最悪逮捕される事もあるので
かなりのスリルを味わう事ができますね。
二つ目の興奮は普段は絶対にセックス出来ない場所でしているという
背徳感による興奮です。例えば昼間は子供たちが遊んでいる公園で
セックスをすることで背徳感を感じてより興奮するという事です。

周囲の目には十分な注意を

簡単にドキドキ感が得られる青姦セックスですが
やはり注意する点もいくつかあります。
一番注意しなければいけないことはやはり人に見つかる事でしょう。
上記にありますが、通報されてしまえば逮捕されることもあります。
通報されなくても集団の男達に囲まれてそのままレイプ…なんて
被害に遭うかもしれません。
また今ではスマホが復仇しているので簡単に隠し撮りもできるのです。
自分の姿がネットで配信されてしまう恐れもあるのです。
十分に周囲に気を付けて青姦するようにしましょう。
また青姦セックスには性感染症や妊娠のリスクが高くなる危険性があります。
清潔ではない野外でセックスをする事でペニスや膣内にバイ菌が入り
そこから感染症になってしまうことがあります。
いくら興奮していたからといって不衛生な場所で青姦をしない様にしましょう。
リスクを知ったうえで青姦をする場合にお勧めなのが自宅の庭やベランダです。
周囲の目に気を付ければ手軽に刺激を得る事ができます。
反対にオススメしないのが公園やトイレの中です。
公園は不特定多数の人間が来ますので見られる可能性が高くなりますし
トイレの中は不衛生な環境なのでなるべく避けるようにしましょう。
青姦をするかしないかはパートナーとよく相談して
いつもとは違うセックスを楽しんで下さい。

サイト情報

本サイトでは、ユーザーにより良いコンテンツ及びサービスを提供する為に作成されたブログサイトです。アダルトな内容を含んだ記事もありますので閲覧する際には十分気を付けるようにしてください。

Copyright © AMW Sodrzhina All Rights Reserved.